aphorism-MAIN

感覚と偶然から生まれる優雅な造形、美しく複雑なパターンが織り成すユートピア

エレガントに流線を描くドレープ、立体的な造形表現。デザイナーの大槻剛が作り出すシャツは、女性の肉体と服の個性を共存させた機能と美意識に対するエスプリをもつ。

リアルクローズのシャツに特化する大槻は、バランスやシルエット、ディテールへのこだわりを凝縮させ、独自の世界観を追求する。2005年にブランドを立ち上げ、翌年にパリの展示会で作品を初披露。世界15ヵ国で販売展開し、日本発のレディースシャツブランドとして国内外で高い評価を受けている。「aphorism」とは本来、格言や箴言を意味するが、大槻が意図するのは人の感性に端的に強く踏み込むメッセージでありたいという想いであり、自身の物作りの精神も投影。造形のヒントとして、建築や服飾、芸術分野の歴史、スポーツにおける人体の動きなど、あらゆる側面から可能性を見出している。感覚と偶然から生まれる構築的なフォルムでモードに新たなエッセンスを注ぎ、華麗に前進する。

   

 

INTERVIEW-BUTTON

aphorism アフォリズム Designer 大槻 剛 インタビュー

アイテムを限定してブランド価値を高める、芸術的なシャツに宿る女性美の追求

10代のころから生涯をかけるに値する仕事を探し求めていたという大槻。数年間にわたってファッションモデルを経験したことをきっかけに、表現者としての自分の存在と向き合う。「大学時代に東京コレクションのモデルを務め、ランウェイを歩きました。そのとき、ファッションの世界で自分自身の感性を表現したいと思うようになり、デザイナーを志しました」。

ファッションデザインやモードイラストを学び、アパレル企業のデザイナー、パタンナーを経験した大槻は、東京新人クリエーターズコレクションのグランプリなど様々な受賞歴をもつ。 2005年に自身の事務所を設立した後、2006年にレディースシャツに絞り込んだ「aphorism」をスタートさせる。「シャツというアイテムは、服の記号がたくさん含まれていて、デザインに多少の制約が必要なところに面白さを感じます。また、極力アイテムというエレメントを限定するほうがブランドの価値やメッセージを高められると考え、シャツを中心に展開することにしています。メンズを作っていないのは、自分自身がファッションデザイナーでありながら、男性がおしゃれに気を遣っている姿があまり好きではないという理由にあります。そのため、学生時代からレディースのデザインばかりに打ち込んできましたが、いつかはメンズのデザインにも挑戦していきたいと考えています」。

これまでに、機能性が重視されるスポーツウエアや映画衣装のデザインを手掛け、アーティストとコラボレーションするなど幅広いジャンルで創作活動を行ってきた大槻。培ってきた豊かな知識とセンスの集大成ともいえるシャツデザインの大きな特徴は、女性の体を美しく見せる“動き”にある。「女性の身体美と服の個性を融合させることをテーマとし、デザインする上では、関連させる作業と捨て去る作業のバランスを意識しています。 素材にはドレープ性があって、全体のデザイン構成の中で主張し過ぎない質感や落ち着き感、着心地にこだわったものを選んでいます」。展示会デビューは東京ではなくパリ。2006年から毎年、パリ・ファッションウィークの展示会に参加している。

「芸術の都パリは、伝統あるヨーロッパのファッションの発信地であり、パリコレには世界中のバイヤーやジャーナリストが集います。私のブランドにとってパリは、これ以上ないくらいに刺激を受ける場所でもあります。パリの展示会で感じることは、私がどこの誰であるかなど全く関係なく、私の服に対しての評価、反応がストレートで公平で厳しいということです。最高の緊張感が与えられるとともに、やりがいを感じます」。国際的なファッションイベントに作品を発表することは、自分への挑戦であると語る大槻が掲げる今後の展望とは。「世界中のより限られたショップやターゲットに向けて、毎年新しい『aphorism』を提案することです」

 

Focus On Designer

Question.1 お気に入りの映画

「生きる」(監督/黒澤 明)

Question.2 お気に入りの場所

ファッションウィーク中のパリ。色々な夢や想いをもった人々が集うから。

Question.3 リスペクトしている人物

漫画家の井上雄彦。作品との関わり方や生き方が大好きです。

Question.4 大切にしているコト、モノ

向上心と恐怖心を常にもつこと。

Question.5 デザイナーを目指す若者へのメッセージ

志高く、自分の個性を活かす方法を見つけて頑張ってください。

DesignerTsuyoshi Otsuki
Brandaphorism (アフォリズム)
WEBwww.aphorism-web.net
e-mailinfo@aphorism-web.net
TEL06-6322-8825
Desginer Profile

Designer profile

大槻 剛

 上田安子服飾専門学校でファッションデザインを、マサモードアカデミーオブアートでモードイラストを学ぶ。フリーランスとして活動後、2005年にOTSUKI DESIGN LABORATORYを立ち上げ、2006年に「aphorism」をパリで発表する。

 


 

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

 

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます