Calive-MAIN

繊細な細身のテーラードに宿る、ストイックなほどの完璧主義

「洗練されたタフさをたたえ、気持ちいいほどストイック。テーラードをスタンダードとする「Calive」は、隙のない美しいラインを追い求めている。
デザイナーの竹谷公一は、オリエンタル、モード、ビューティフルの3つのコンセプトを軸に、細身のシルエットに強いこだわりをもつ。「デザインの好みは人それぞれだけど、シルエットは誰もが納得する完璧なものでありたい」と、細身でありながら着心地やゆとりを計算し尽くしている。さらに、メンズにレディースのシルエットメイキングを応用し、レディースに紳士服地を採用。既成概念に捉われない、感性の赴くままに生み出された作品は、タイトなジャケットとは対照的にパンツはワイド&ハイウエストでクラシカル。オリジナリティのある組み合わせとこだわり抜いたディテールの秀逸さには目を見張るものがある。
竹谷はファッション教育を一切受けていない。しかし、服を愛する気持ちが天性の才能を開花させ、物作りへの情熱が一流の職人たちとのタッグを実現させた。試行錯誤の末に世界観を確立した今、彼の視線の先にあるのは海外。ブレない指針で舵をとり、究極のテーラードで世界に挑戦状を叩きつける。

 

Focus On Designer

Question.1 お気に入りの映画

「魔女の宅急便」(監督/宮崎駿)

Question.2 お気に入りの場所

江の島の地球が丸く見える丘。完全な水平線が見られます。波の音を聞くと落ち着き、自分を見つめ直したいときに行きます。

Question.3 リスペクトしている人物

X JAPANのHIDE。時代を先取りする感性、センスのよさ、才能のすべて。

Question.4 大切にしているコト、モノ

人と人とのつながり。

Question.5 デザイナーを目指す若者へのメッセージ

やりたいなら迷う必要はありません。デザイン学校もアパレル企業も行ってない私ですら作品を作り、ランウェイで発表しています。一緒に「好き」を貫きましょう。

DesignerKoichi Taketani
BrandCalive (カリブ)
WEBcalive.jp
e-mailcalive@calive.jp
TEL080-5034-9281
Desginer Profile

Designer 竹谷公一

Designer profile

竹谷公一

東京農工大学を卒業した後、独学で服作りを始め、デザイナーの道に進む。2010年より都内で不定期に展示会を開催。2013年に東京渋谷コレクションでランウェイデビューを果たす。独創的な服作りに定評がある。


 

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます