CHUNGKAWAI-MAIN

ソリッドなデザインにあふれる、隙のないラグジュアリーなダンディズム

着る人の生き様を感じさせるような、無骨でいて色気を漂わせるシャープなシルエット。立体感のあるフォルムからは、ひと目で仕立てのよさが伝わってくる。デザイナーの河合將行は、メンズブランドのパタンナー出身。裏側の見えない部分に対するディテールへのこだわりは、構造を知り尽くしているからこそのひらめきで、服を愛する男たちの遊び心をくすぐる。
2013年にイタリアでのセールスからデビューした「CHUNGKAWAI」は、グローバルな展開を視野に入れて活動。美しいテーラードは、クラシックにモダンな要素を組み込み、洗練されたヨーロピアンな雰囲気を醸し出している。また、ブランドの定番である異素材ミックスのパンツやリバーシブルのジャケットは、シーズンごとに微妙なアレンジを加え、常に新鮮な印象を与えている。生地がもつ滑らかさや光沢感が、研ぎ澄まされたデザインを上質に彩り、カジュアルの中にさりげないエレガンスを匂わせている。

 

 

 

INTERVIEW-BUTTON

CHUNGKAWAI チャンカワイ Designer 河合將行 インタビュー

裏側の作り込みはパタンナー出身ならでは

着る人の内面を映し出すギミックが効いた服作り

キャリアのスタートがパタンナーだった河合。いずれは自らデザインし、形にすることを理想とするビジョンを抱いていたという。「パタンナーとしての経験を積む中で、パターンがデザインだと気付き始めました。知識やテクニックが増えるにつれ、自分でデザインを固め、形にするところまでもっていきたいと思うようになりました。デザイナーの経験がない分、どこまでがデザイナーの役割なのか明確に見えていない部分はありますが、逆にパタンナーならではのアプローチで、着る人の内面を映し出す服を作りたいなと。僕にとっては、パターンから考える方が自然なので、形や素材の使い方にオリジナリティが出せるのかなと思っています」。全体的なフォルムはもちろん、ディテールの取り方、裏側の作り込みに対する評価が高く、それがブランドの特徴にもなっている。

「構造が頭の中で組み立てられるので、直接的にディテールに反映されていると思います。例えば、立たせた衿を内側にしまえる作りにすることで異なる表情を見せたり、リバーシブル仕様のジャケットはポケットの形状も違って、着る人の気分に合わせて雰囲気を変えることができます。遊びを考えるのは楽しいですが、実際に制作する工場さんは大変だと思います(笑)。裏側の仕組みまで考えられるからできることですが、それを特別という意識ではやっていません。これまでのキャリアの流れの中で、ごく自然に生まれてくるものだからです」。ブランドの定番でもあるユニークなコンビネーションのパンツは河合の実験的な発想から生まれたもの。「スリムフィットするものの中にメンズらしい無骨感やゆとり感が作れないか、ずっと考えていました。膝から上と下を切り替えることで、一個の表現になるとひらめいたのがきっかけです。スリムフィットというと、素材にストレッチが効いているものしか対応できないという制約がありますが、逆にそこを振り切って、膝から下はカットソーやニットにし、上の部分は別に組み立てることで構造に面白さを感じました。

見た目はデザイン性に強さを感じますが、実際にはいてみると動きやすく日常になじみやすいです」。河合の遊び心の根底には、着る人に洋服の楽しさを伝えたいという想いがある。「服は自己表現につながるものなので、着る人次第で見え方も変わります。実際にエンドユーザーが見えているわけではないので、僕は僕らしい表現をしていくことにベストを尽くしたいと考えています。今、パリのショールームに商品を置かせてもらっていますが、ヨーロッパにこだわらずアジアでの展開も意識しています。多くの人にブランドを知ってもらうとともに、メイド・イン・ジャパンのクオリティの高さや服の楽しさを広く伝えていきたいと思っています」

 

 

Focus On Designer

Question.1 お気に入りの映画

「ランブルフィッシュ」(監督/フランシス・フォード・コッポラ)

Question.2 お気に入りの場所

渋谷のレッドバー。いい意味で仕事のマインドをリセットできる自分だけの場所。

Question.3 リスペクトしている人物

業界を問わず、これまでに出会った人生の先輩方。刺激や学ぶことが多く、人とのつながりの大切さを教えてくれたから。

Question.4 大切にしているコト、モノ

今まで出会ってきた人たちや、お世話になってきた人たち。

Question.5 デザイナーを目指す若者へのメッセージ

特にありません。

 

DesignerMasayuki Kawai
BrandCHUNGKAWAI (チャンカワイ)
WEBwww.bluesinc.jp
e-mailpr.contact@bluesincpr.jp
TEL03-6438-9913
Desginer Profile

Designer profile

河合將行

 日本メンズアパレルアカデミーを卒業後、レナウンやオンワードでパタンナーとして活躍。2011年、BLUESに入社。2013年にデザイナー兼パタンナーとして「CHUNGKAWAI」を発表、イタリア・フィレンツェで初披露する。


 

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

 

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます