fukuya-MAIN

幸せが連鎖するアートな服、モードなエシカルファッション

アートと現実のはざまに位置する服は“心の表現”として、リアルクローズにアイデンティティの息吹を吹き込む。単体ではアートとして楽しめ、日常で着用する場合は、デニムなどとコーディネート。アートをまとって街に出る面白さを提案する。
デザイナーの福山久恵は、人の心理を題材に、明るい気持ちに心が転換する仕組みをモチーフとしている。そこで着目したのが、発展途上国のオーガニックコットンやリサイクル素材を用いたエシカルファッションだ。使用しているオーガニックコットンの一部は、カンボジアで栽培された有機綿花。かつて地雷原だった土地を綿畑に変えたNPO法人や現地の職業支援ボランティア団体と連携している。「満たされる心には、人とのつながりや愛の循環が必要です。エシカルファッションは、作る人の背景が見え、おしゃれを楽しみながらフェアトレードなどを身近に感じられます。気軽に途上国の貢献につながる経験をしていただきたいと思っています」。
アートであると同時に、幸せの循環のきっかけとなる一着を作っている「fukuya」。混沌とした現代を濾過するような清らかさに心が洗われる。

 

Focus On Designer

Question.1 お気に入りの映画

「ヴィタール」(監督/塚本晋也)

Question.2 お気に入りの場所

六義園。庭園が好きで、特に空気が澄んでいて、とても心地いいと感じます。

Question.3 リスペクトしている人物

まだ出会っていません。

Question.4 大切にしているコト、モノ

精神の成長。

Question.5 デザイナーを目指す若者へのメッセージ

漠然と思っているだけではなく、愛をもって、明るく行動することが大切です。

DesignerHisae Fukuyama
Brandfukuya (フクヤ)
WEBfukuyano.jimdo.com
e-mailhyakutobannohi@yahoo.co.jp
TEL
Desginer Profile

Designer 福山久恵

Designer profile

福山久恵

文化女子大学服装学部服装造形学科を卒業後、婦人服の販売をしながら、友人と制作活動を行う。1年間インドの工場で雑貨デザイナーとして勤務し、エシカルファッションと出合う。2012年に「fukuya」を立ち上げる。


 

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます