MIYAO-MAIN

個性を貫く圧倒的なクリエイティビティ、洗練されたカッティングの妙に心奪われる

潔くシンプルであること。その背景にあるのは、服とは着る人との共同作業によって初めて完成するというデザイナー宮尾史郎の持論。本質を問いかけるシンプリシティには、研ぎ澄まされた美しさがある。だからこそ宮尾は、コレクションテーマを設定しない。言語による表現ではなく、服を通し感覚的なものを伝えるため、新鮮さや驚きを与える工夫に情熱を傾ける。 コム・デ・ギャルソンで長年パタンナーとしての経験を積んできた宮尾が生み出す斬新なフォルムは、パタンナー出身の感性ゆえ。直線裁ちの布が体全体を包むことで、自然と女性らしい丸みを作り出すことから、様々な体型に対応できる肩のないデザインをブランドの定番とした。2014SSでは、テープやレースアップをモチーフにボディコンシャスなデザインにも挑戦。巧みなパターン操作で優美なシルエットを追求する。自由への憧憬をにじませる「MIYAO」の服は、攻めもせず守りもしない。ただひたすらに、スタイルをもつ女性の感受性に働きかけ、シンプルの奥深さをにじませる。

 

 

 

INTERVIEW-BUTTON

MIYAO ミヤオ Designer 宮尾史郎 インタビュー

頭にあるイメージを直接パターン化、盛ったり、加えたりせず、“取る”ことを意識

4歳の時に洋服を作ることを職業にしようと意識していたという宮尾。1980年代、世界で活躍するデザイナーたちのコレクションに衝撃を受けた少年は、中学生でデザイン画を描き始めた。「幼少から絵を描くのが好きだったので『自分でもできる』とデザイン画を描いていたのですが、川久保玲さんや山本耀司さんが、デザイン画にできないような服や究極にシンプルなデザインを発表されたとき、子供ながらに衝撃を受けました。装飾することがデザインだと思っていたので、取るデザインに新鮮さとゾクゾクするほどの美しさを感じました。

デザインの本質に気付かされた瞬間でした」。服飾専門学校を卒業後、パタンナーとしてコム・デ・ギャルソンに入社。ここで学んだが、パターンとデザインの関係性、つまりデザイン=パターンという考え方だという。「通常は別々の役割ですが、コム・デ・ギャルソンがデザインとパターンは同一と考えるスタイルでした。僕はデザイン画を起こしません。頭の中にあるイメージを直接パターン化していきます。パターンデザインとしてまとまって浮かぶと楽なのですが、浮かばないときは自分にとってどの形が新鮮に思えるのか、広い観点から考えていきます。そのとき気になっている細かいディテールであったり、自然から来るものであったり、日々の発見をかき集め、総合的に形にしています」。

イメージが固まったのち、デザインをする上で大切にしているのが、“取る”ことだという。「たぶんデザインは、加えていく方が簡単だと思います。付けることでにぎやかになり、デザインしているように見えますから。逆に削ぎ落す方が難しい。状況にもよりますが、できれば取りたいと考えています」。自分が作り出す服が、着る人の情緒に訴えかける存在でありたいという宮尾。「もっと単純に洋服を楽しんでもらいたいと思っています。テーマやコンセプトがあっ洋服に納得するのも理解できますが、その前に感性で選んでもらえる服でありたいと考えています。むしろ、テーマは自分が作る上で存在していればいいわけで、何も伝わらなかったらそれは自分の責任。着る人に感じてもらって、初めて完成するのが服の魅力だと思います」。コレクションでは、1点1点の服にフォーカスするより、全体的な空気感を重要し制作している。「全体のムードの中に洋服が存在するという感覚です。世界観の統一のために、使いたい生地や色など諦めることがたくさんあります。自分で制約を設けていますが、全体感を大切にしているので窮屈さは感じません」。肩線がないデザインも宮尾の造形の特徴だ。「肩がないパターンは、エスニックの形です。自然と体に沿エスニックの服にある種の自由さを感じていて、そういった感覚をいかにモダンに昇華させるかを意識しています。今後も実験的なフォルムを研究しながら、『MIYAO』 らしい自由を追求していきたいと考えています」。

 

 

Focus On Designer

Question.1 お気に入りの映画

古い映画も新しい映画も好きです。

Question.2 お気に入りの場所

空が見えるところ。

Question.3 リスペクトしている人物

川久保玲さん。初めて衝撃を受けたのが彼女のシンプルな作品でした。マイナスもプラスに変え、すべてをデザインに反映していくパワーに敬服します。

Question.4 大切にしているコト、モノ

独りで静かに過ごす時間。

Question.5 デザイナーを目指す若者へのメッセージ

生きていくこと自体がデザインです。“ファッション”という枠にとらわれず生きてほしいです。

 

DesignerShiro Miyao
BrandMIYAO (ミヤオ)
WEBmiyao-miyao.com
e-mailinfo @miyao-miyao.com
TEL03-6804-3494
Desginer Profile

MIYAO ミヤオ Designer 宮尾史郎

Designer profile

宮尾史郎

 1994年に文化服装学院アパレルデザイン科卒業後、「コム・デ・ギャルソン」に入社。メインラインでパタンナーとして活躍し、パリコレクションに参加。2010年に退社し、同年「MIYAO」を設立。卓越したパターン技術で独創的なフォルムを生み出す。


 

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

  

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます