MONJA-MAIN

東洋と西洋の美意識のフュージョン、ミステリアスなジャパニーズ・ビューティー

日本人に脈打つ色彩感覚と美的感性を注ぎ込んだ艶やかな着物のドレス。上質な着物柄が華やかに映え、懐古的でありながらモダンな印象を与えている。
デザイナーの向井のぞみは、パリでオートクチュールの技術を学んだ経験をもつ。異国で着物の魅力を発見したことをきっかけに、培った技術と日本の染色技術を融合させ、和洋折衷をコンセプトにアパレルブランドを立ち上げた。「着物は流行に大きく左右されず、何代にもわたって楽しむことができます。パリで暮らしたことで着物の美しさを再認識し、染色も学びました。着物を中心にレースやシフォン、革など様々な素材を“もんじゃ焼き”のように混ぜ合わせ、女性が美しく見える服作りに注力し、オーダーメイドで世界にひとつの価値あるドレスを制作しています」。
作品には主に古い着物を使用。質感、厚さ、重さ、色柄がすべて異なる着物と対話しながら、最も着物が映えるデザインや合わせる素材を考えているという。異素材の組み合わせから生まれる構築的なフォルムはユニークにしてエッジィ。日本が世界に誇る民族衣装の風情を新たな視点から再発見できそうだ。

 

Focus On Designer

Question.1 お気に入りの映画

「ティンカーベル」(監督/ブラッドリー・レイモンド)

Question.2 お気に入りの場所

海辺。毎日の散歩をしている場所で、素敵な夕焼けや星空に癒されるから。

Question.3 リスペクトしている人物

母親。私のしたいことをいつも笑顔で応援してくれる、最も尊敬すべき人。

Question.4 大切にしているコト、モノ

人間らしく生きること。健やかな作品作りにはそれが一番大切だと思います。

Question.5 デザイナーを目指す若者へのメッセージ

直接見て、触れて、聴いて、多くの経験をしてください。様々なことに疑問をもつことは、クリエーションの幅を広げてくれます。

DesignerNozomi Mukai
BrandMONJA-古布mode- (モンジャコフモード)
WEBwww.monja-kofumode.com
e-mailmonja@live.jp
TEL086-489-0181
Desginer Profile

Designer 向井のぞみ

Designer profile

向井のぞみ

 2004年に渡仏し、エスモード パリのヌーベルクチュール科を卒業。2007年に帰国した後、地元岡山を中心に個展や展示会を開催。2011年、京都造形芸術大学で染色を学ぶ。2013年にroomsやアパレルEXPOに参加。


 

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます