SAKA-MAIN

イタリア仕込みの華麗なる造形美、アーティスティックなフォルムに酔う

一見シンプルだけれども、身に着けることで存在感を放つ。繊細さとダイナミックさが入り交じる芸術的なジュエリーは3つの要素で制作されている。ひとつは、形そのものや構造の面白さを意識。二つ目は、どの角度から見ても美しい形を作ること。そして三つ目は、感情的な部分にフォーカス。あえて単純な形を普通の視点からずらしたり、感情的なイメージの題材を強く押し出したり、デザイナー坂俊昭のひねりのあるイマジネーションで、流行に左右されない確固たるフォルムが生み出されていく。それぞれに異なったデザインコンセプトをもち、分解と再構築を行うことで、より印象深い個性のあるジュエリーを誕生させているのだ。
美術大学で彫刻を学んだ坂は、技術や感性を磨くため、卒業後イタリアへ。しかし、彫刻よりもっと身近に存在できるものとして、ジュエリーの制作と出合う。人の心に影響を与えるのは、映画や音楽だけではなく、ジュエリーも商品として生活の中に入り込めるものであることを知った。2000年の伝統をも
つイタリアンジュエリーの歴史。そこに日本的な発想と着け心地に対する細部のこだわりを融合させ、これまでにないスタイルのジュエリーを発信する。

 

Focus On Designer

Question.1 お気に入りの映画

「風の谷のナウシカ」(監督/宮崎駿)

Question.2 お気に入りの場所

海。鼓動を鎮めて深く潜ることで自然と一体化し、無駄なことを忘れさせてくれる。

Question.3 リスペクトしている人物

父。男として尊敬できる一番身近な人。

Question.4 大切にしているコト、モノ

ポジティブに考えるようにすること。

Question.5 デザイナーを目指す若者へのメッセージ

才能がないと感じていても、自分に正直に物を作り続けていれば、それは本物になると思います。そして、日本人の才能に自信をもつことです。

DesignerToshiaki Saka
BrandSAKA (サカ)
WEBsaka-gl.com
e-mailinfo@saka-gl.com
TEL045-482-4059
Desginer Profile

Designer 坂俊昭

Designer profile

坂俊昭

多摩美術大学彫刻科・大学院を卒業後、イタリアへ留学。IED Milano Moda Labで3年間ジュエリーを学び、デザイン事務所で制作の経験を積む。帰国後、2011年に「SAKA」を設立。合同展示会などに参加している。


 

 

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます