sangai-MAIN

 

意外性を遊ぶ創造力に満ちた、エッジィなオーラを放つモダンジュエリー

ソリッドなフォルムから感じるモダニズム。作り込み過ぎないことを美学とするデザインは、常識や固定観念に捉われず、“今”を表現している。意外性に満ちた形状のジュエリーがもつキーワードは、無機質と建築。硬い金属同士を縫い合わせたように見せるデザインや、天然石を複数の爪で留めた存在感のあるリングなど、革新的な発想が際立つ。
デザイナーの小齊平紫穂と末武佑也は空間デザインや建築を学んだ背景をもつ。自分が欲しいと思えるジュエリーがないことから、自ら作ろうと決意。独学で彫金を学び「sangai」をスタートさせた。独創性はデザインだけではない。素材もセメントやワイヤーを用い、一層好奇心を駆り立てる。「デザイン性はもちろんですが、着け心地を大切にしています。特にリングは、指への当たりや動かしやすさなどを意識。存在感はあっても、いい意味で着けていることが気にならないジュエリーを心掛けています」。
今後は、18金などの上質な素材を取り入れながら、これまでジュエリーに使われてこなかった素材も積極的に織り交ぜていくという。意外性を遊ぶアーティスティックな感性に期待が高まる。

 

Focus On Designer

uestion.1 お気に入りの映画

「ファンタスティック・プラネット」(監督/ルネ・ラルー)

Question.2 お気に入りの場所

特になし。

Question.3 リスペクトしている人物

ミース・ファン・デル・ローエ。彼がデザインしたモダニズム建築が好きなのと、

思想に共感しています。

Question.4 大切にしているコト、モノ

挨拶。

Question.5 デザイナーを目指す若者へのメッセージ

自分に負けず、誰にどんなことを言われてもやり続けることが大事です。

DesignerShiho Kosehira,Yuya Suetake
Brandsangai (サンガイ)
WEB3f-sangai.com
e-mailinfo@3f-sangai.com
TEL03-5948-5995
Desginer Profile

Designer 小齊平紫穂

Designer 末武佑也

Designer profile小齊平紫穂

Designer profile 末武佑也

共にICSカレッジオブアーツのインテリアデコレーション科を卒業。その後、独学で彫金を学び、2013年に「sangai」を設立。同年、「装苑」主催の合同展示会SOEN WHITEに出展。渋谷パルコのポップアップストアで販売も行う。


 

 

 

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます

誌面をクリックすると、掲載ページがPDFでダウンロード出来ます